様々な仕事の詳細を口コミ情報で斬る!

介護の仕事/残念な職場

介護の仕事

介護の仕事をして15年。嬉しい事も悲しい事も多くの事を経験していました。人を相手にしているお仕事なので精神的にきついのは今でも変わりません。そんな中でも日々お元気で生活されてるご入居者見るとこちらが元気をもらえる事も多々あります。

介護の仕事はきつくて大変で給与も安くてと言う悪いイメージばかりではありますが、されは世間一般的なイメージです。たしかに大変ではありますがやり甲斐もあります。始めてこの業界に入る人にとってはかなりきついかもしれません。

私は良く新しい方に先ずは3ヶ月頑張りなさいという言葉をかけます。介護の仕事がようやくわかってくるのは3ヶ月を経過してからであり、1週間、1ヶ月では何もわかりません。

そして自分で出来るようになるまでに最低でも初心者であれば3ヶ月はかかります。でも正直な話、中々皆さんそこまで辿り着かないのが現状です。

介護の仕事は誰でも出来るという考えは間違っています。奥が深く誰でも出来る仕事ではないです。その部分を間違えてご理解している方はやはりこの業界では長く続かないです。

先ずは介護の仕事にチャレンジしたい方は最低でも3ヶ月トライするといいと思います。

残念な職場

2年前、普段のパートの仕事の他に、週に一度、掃除の仕事を掛け持ちすることにしました。「助けてください。」というニュアンスで書かれていた広告とは違い、実際の仕事は2週間に一度、一日2カ所の事務所のみです。後はもう少し慣れてからね、といわれましたが、その後も、いっこうに仕事を増やしてくれる連絡はもらえませんでした。

自分の掃除の仕方に落ち度があるならともかく、先方から指名されるくらいの丁寧な仕事をしているのに、

「もう少し仕事をもらえないですか」と、メールで何度問いかけても、最初と同じ返答。次第にそれも無視し続けられるようになっていきました。 

そのうち、掃除に行っていた一つの事務所から、「来年、事務員に空きが出る予定なので、ここでの仕事はどうですか」とののアプローチを頂き、掃除の仕事を終わりにしたいと申し出ました。しかし、思いもかけず、言われたのは、

「それは引き抜きはないですか。承知できませんね。今度行き会うこと予定もあるので、事務所の支店長に一言言わせてもらいますからね」とのこと。

「え。半年後なんですよ」と言いかけましたが、この人には、きっと何を言っても通じないと判断し、一緒に仕事をしている彼(社長)の奥さんに、その話しをもっていきました。

「この仕事をきちんと終わってからの仕事ですから、あなたに落ち度はありません。終わったあとでどんな仕事に就こうとこちらが言う権利はありません」と、言っていただき、解決しましたが、あれだけ脅迫的な啖呵を切った社長からは一言もわびの言葉はもらえませんでした。

ある意味、世の中にはこのような人も存在するのだと、改めて知った貴重な経験でした。

Copyright(C) 様々な仕事の詳細を口コミ情報で斬る! All Rights Reserved.